2016年08月22日 リフォームの基礎知識

前回はアスファルト防水のうちトーチ工法について取り上げましたが、

今回は熱工法について取り上げます。

84677d598f500d809bc475e617d6652d_s

熱工法とは、加熱・溶融したアスファルトで、

2~4枚のアスファルトルーフィングシートを積層し、

防水層を形成するという工法です。

この工法は最も古くから使われてきた工法であり、

日本では100年以上前から行われている工法です。

そのため、もっとも信用度が高い工法だと言え、

これまで多くの建築物に使われてきました。

熱工法は、高密度な密着性を持つ防水層を形成し、

さらに二層以上に積層するため、より強固な完璧に近い防水層を、

作り上げる事が出来るのが大きな利点だと言えます。

また、短時間で硬化させる事が出来るので、

工期も短期間で済ませる事が出来ます。
そのうえ耐久性はとても高く、15年以上は持つと言われています。

ただし、220~270℃の高温で溶かす作業を必要とするため危険性をともない、

独特の臭気を放つ事も大きなデメリットです。
そのため、密集した場所での作業には向いてないと言えるでしょう。

しかし最近ではより環境に優しく、作業のしやすい工法が用いられることも、

多くなってきているようです。

リフォームご相談ルームを完備 お気軽にご来社いただき、ご相談ください!アクセスマップはこちら リフォーム無料相談・お見積もりはお電話またはメールでどうぞ 0120-036-037 メールでのご相談はこちら
0120-036-037
お問い合わせはこちら
© 2022 リフォームを岐阜県関市・美濃市でするならプロタイムズ岐阜関店 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット